TikTok

東南アジアにおけるTikTok広告配信枠5つのご解説!

TikTok-banner

TikTok(ティックトック)というショートムービーSNSに興味を持っているだろうか?各国150ヵ国で利用され、中国北京のに本社をおくBytedance社が運営していTikTokはGoogle PlayストアとApple App Storeで最もダウンロードされたアプリに成長しています。

つまり、特にその広告機会にとって、TikTokのさまざまな広告フォーマットを利用できるTikTok広告は、世界中のブランドやビジネスにとって重要な道具となることが期待されています。

現在、TikTokは他のソーシャルメディアアプリよりも特に世界から注目を集めています。日本だけではなく、東南アジアにおけるTikTokの成長率も特に高いです。

東南アジアで人気を博しているTikTokが、日本のTikTokと比べて、機能の違うところがありますよ。そして、東南アジアにおけるTikTok広告の広告媒体について解説していこうと思います。

まず、今回は東南アジアでよく利用されるTikTok広告配信枠5つをとらえていただければと思います。

起動画面広告

起動画面広告はアプリ起動時に画面全体に静止画、またはGIFアニメーションにて3~5秒間表示される純広告枠です。

一日一社限定の枠となっています。

TikTok Ads Format | Brand takeover

 

#チャレンジ

#チャレンジ広告は、ハッシュタグを設定し、そのハッシュタグにちなんだ動画の投稿をユーザーに促すというタイアップ広告です。ディスカバリーページのトップにバナーを設置できるほか、アプリ内にコンテンツのページを設置することができます。

インフィード広告や起動広告をパッケージ広告も含まれ総合的な広告パッケージとなっております。

TikTok Ads Format | Hashtag

インフィード広告

インフィード広告はおすすめ投稿に流れる5~15秒ほどの全画面動画に表示される純広告枠です。広告の形式は通常の投稿と同じく音声必須動画形式を設定することができます。です。

東南アジアおけるTikTok

TopView 広告

TopView広告はアプリ起動画面にポップアップされる全画面動画となります。

TikTok Ads Format | Top View

Branded Effects

3日間で「エフェクト」の最初画面に表示されブランドのエフェクトとして表示されます。

Brandedeffect

TikTok広告を通じて、東南アジアと中国向けマーケッティングがサッポートできる代理店を見つけていければ、ATCに今すぐ連絡してTikTok広告やデジタルマーケティングに関してご用命の際はお気軽にご相談ください。

ATCについて

ATCは、中国、韓国、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムのブランドとインフルエンサーをつなぐンフルエンサーマーケティングエージェンシーです。

2019年1月14日に成立されたATCは3,000人以上のインフルエンサーとコラボ、色々なブランドとATCホテルパートナー(シャングリラホテル&リゾート、インターコンチネンタルホテルグループ、アコーグループ)向けに50以上のキャンペーンを立ち上げました。

ATCソーシャルアプリは、Facebookメッセンジャー、カカオトーク、ライン、WeChatの7つの言語に対応しています。 ATCソーシャルアプリを通じて、主要なインフルエンサーは、ATCホテルパートナーからのスポンサー滞在のリクエストにサインアップし、ソーシャルプラットフォーム(Facebook、Instagram、Wechat、Weibo、Naver、トリップアドバイザー、Googleレビュー、Tiktok)で素晴らしい体験を共有できます。

ATCは、WeChat及びTikTokの正規代理店になっています。

Contact Us

Digital 38 Technologies:ATCTravel141AP365MCN